最近よくSSLという言葉を耳にされるかと思います。SSLとは、インターネットに接続してWebサイトを閲覧するユーザーが安全に通信できるようにするための暗号化手順のことです。

今までは、金融機関サイトやECサイトでクレジット情報を入力するとき、一般サイトで個人情報を入力する際などに、ブラウザに鍵のマークがつく、https://~というアドレスでの接続の場合がほとんどでした。

インターネット上には様々な情報がありますが、全ての情報が上記のような情報ではないため、一般的なサイトではSSLでの接続を意識していませんでした。

ところが、Webサイトの集客の中心であるGoogleが、いよいよ本格的に「全てのサイトはSSL化するべき」という姿勢を示しており、検索エンジン対策の面でどうしても避けることのできない事態となってきました。

具体的には7月更新のGoogleクロームでの表示が、SSL対応でないサイトの場合、このサイトは「保護されていません」という警告文が表示されるようになります。企業サイトの場合、このようにセキュリティ上リスクがあるサイトと表示されてしまうと、ともすれば企業の信頼を損ねることにもなりかねず、またSEO対策上も不利益を受けることになります。

少なからず費用が発生する話ではありますが、世の中の流れに逆らうわけにいきませんので、まだSSL対応されていない企業様は早急にご検討いただく必要があるかと考えます。