「破壊的イノベーション」という言葉を聴かれた方は多いと思いますが、その理論を提唱されたクレイトン・M・クリステンセン氏が満を持して公表された理論が「ジョブ理論」です。

乱暴ですがこの理論を一言でいうと、ものやサービスを世の中に提供する企業が消費者に買い続けてもらうための新しい捉え方ではないかと考えます。

消費者によるプロダクト(商品・サービス)の購入を、「ジョブ(用事)を片付けるための雇用」とみなし、そのプロダクトがジョブを片付けてくれたら、次に同じようなジョブが発生したときにはまたそのプロダクトを雇用するし、うまくジョブを片付けられなかったら解雇するという表現です。

一見あたりまえのことを表現を変えただけのように見えますが、今までの「ニーズ」や「ウォンツ」という考え方では、リピート購入のメカニズムまで説明できなかったところを見事に解明しているように思います。

BtoB企業の方は、一般消費者のプロダクト購入は自社には関係ないと思われるかも知れませんが、現在の取引先の担当者の「ジョブ」を想定してみることは決して無駄なことではないかと思いますが。